航空機が空中衝突? 警察も捜索、正体は隕石だった 英

光る物体の正体は隕石だったとみられている/UK Meteor network/Richard Bassom

光る物体の正体は隕石だったとみられている/UK Meteor network/Richard Bassom

(CNN) 英イングランド南西部で、航空機2機が空中衝突したらしいという通報が寄せられ、警察が地上と上空から捜索を行った。

しかし捜査の結果、「上空で半分に割れた光る物体」の正体は隕石(いんせき)の落下だったと思われることが分かった。

警察によると、イングランド南西部デボン州で8日午前6時25分ごろ、上空に光る物体が見えたという通報が相次いだ。ある男性からは、「航空機2機が空中衝突し、1機が炎上して墜落した可能性がある」という通報が寄せられた。

警察は、航空機が墜落した可能性も完全には否定できないと判断、ヘリコプターも出動して捜索を開始した。

しかし周辺の空港が絡む航空機事故は起きておらず、負傷者も出ていないことが判明。機体の残骸は発見されず、イングランド南西部の上空ではその後も流星群が観測されたことから、捜索は打ち切られた。

警察は専門家の見解として、「もし航空機が墜落していれば、上空からの捜索で残骸が見つかっていたはず」と指摘している。

ソーシャルメディアにはこの時の流星の写真が掲載された。フランスのアマチュア天文家団体も、英仏海峡をはさんで対岸からこの物体の姿をとらえていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]