初の訓練飛行中に教官失神、生徒が自力で着陸させる 豪

初の訓練飛行中に教官が失神し、生徒が自力で着陸を試みる事態に/Shutterstock

初の訓練飛行中に教官が失神し、生徒が自力で着陸を試みる事態に/Shutterstock

(CNN) オーストラリア南西部でこのほど、小型飛行機の訓練飛行中に教官が突然意識を失い、残された生徒が管制塔と交信しながら必死で機体を着陸させる出来事があった。生徒がパイロットとして訓練飛行に臨んだのはこの日が初めてだった。

小型機の操縦を習っているマックス・シルベスターさんは先月31日夕、西オーストラリア州パースの南に位置する飛行場で自身初となる訓練飛行を行っていた。ところがCNN系列局の9ニュースによると、同乗していた教官が突然意識を失ったため、たった1人で機体を着陸させなくてはならなくなったという。

緊急の信号を発したシルベスターさんは、管制塔の助けを借りながら着陸を試みた。両者の驚くほど冷静なやりとりが当時の音声記録に残っている。

「機体の操縦方法はわかりますか」という管制官の問いに対し、シルベスターさんは「これが初めての訓練飛行だ」と回答。管制官は何度か教官について質問したが、シルベスターさんからは意識がない状態だと告げられるだけだった。

管制官が「機体に集中し続けるように」と助言すると、シルベスターさんは「大丈夫。教官からは今までで一番優秀な生徒だと言われていた」と応じた。

その自信を裏付けるように、シルベスターさんは完璧な操縦を披露した。飛行場には十数人が集まって、機体が無事に着陸するのを見守った。

教官は地元の病院に搬送された。容体は深刻ながらも安定している。9ニュースによると何らかの発作を起こして意識を失ったとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]