ロイヤルウェディングを飾った花、地元病院などに寄贈

2018.05.23 Wed posted at 17:15 JST

[PR]

(CNN) 英国のヘンリー王子とメーガンさんの結婚式で使われた花が地元のホスピスなどに寄贈され、入院患者らを喜ばせている。

ヘンリー王子とメーガンさんは19日、ロンドン郊外のウィンザー城で結婚式を挙げていた。寄贈された花は、城内のセント・ジョージ礼拝堂とセント・ジョージ・ホールで使われていた。飾りつけを担当したのは、フィリッパ・クラドックさんとそのチーム。

使われた花は、キツネノテブクロやボタン、白いバラなど。こうした花の多くは、ウィンザー・グレート・パークなどから取り寄せられていた。

これらの花は地元の慈善団体やホスピスに寄贈された。

受取先のひとつであるセント・ジョセフ・ホスピスの広報担当はCNNの取材に対し、「花を受け取った時の患者さんの顔を見るのは素晴らしかった」と述べた。

同ホスピスは英王室とのつながりが長い。ホスピスによれば、エリザベス女王や故ダイアナ妃が訪問したことがあるほか、最近では2015年にエドワード王子も訪れていた。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]