全身麻痺から右手の機能回復、「神経義肢」で脳と筋肉つなぐ

患者の脳の信号を腕のセンサーに伝達することで命令伝達機能を回復させる

患者の脳の信号を腕のセンサーに伝達することで命令伝達機能を回復させる

コシェバーさんには「仮想腕」の動作を見せて心の中で反復してもらい、その時の脳の信号をコンピューターで記録。この信号を復元して命令信号に変換し、腕の電極に送り込んだ。

コシェバーさんは頭の中で命令信号を出し、神経義肢を経由して腕に伝達するやり方を学び、自力で手を伸ばして物をつかむことに成功。練習を重ねてコーヒーを飲んだり、自分で食事したりできるようになったという。

アジボエ准教授によれば、重大な副作用はなく、システムの安全性も確認された。コシェバーさんは今後少なくとも5年間は研究への協力を続ける意向だという。

アジボエ准教授は、「麻痺状態だった患者が物に手を伸ばしてつかむ機能を回復し、日常生活の動作ができるようになったのは、私の知る限りでは初めて」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]