死海の水位、低下の一途 泳いで横断の啓発イベントも

椅子を持ち込み、死海の水の中でくつろぐ観光客

椅子を持ち込み、死海の水の中でくつろぐ観光客

(CNN) イスラエルとヨルダン、パレスチナのヨルダン川西岸に囲まれた塩湖の死海が急速に縮小し続けている。この現状に警鐘を鳴らすため、今月に入って死海を泳いで横断するイベントも開かれた。

環境保護団体によれば、死海の水位は年間約1メートルのペースで縮小を続ける。原因は主に人間の活動にあるという。

死海はヨルダン川など周囲の天然資源から流れ込む水で形成されているが、1960年代ごろから死海の水源だった水が別の用途で使われるようになった。例えばイスラエルでは、国内に水を供給するためのパイプラインがこの時代に建設された。

採鉱業も水位低下の一因となっている。死海の鉱物は癒やし効果があると宣伝され、化粧品などの消費者製品に使われるようになった。中東の暑く乾燥した気候の中で水位を保つことはただでさえ難しい。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]