全米の子どもにボトル投げが大流行、親はイライラ

子どもたちに「ボトル投げ」が大流行

アトランタ(CNN) 水の入ったペットボトルを放り投げて回転させ、真っすぐに立った状態で着地させる技を競う「ボトルフリッピング」が全米の子どもたちの間で流行し、大人たちが頭を抱えている。

この夏からボトルフリッピングにはまったというアトランタ在住のジェンヤ・ディカーロ君(10)は、「初めて着地させた時にはすごいことをやったと思った」と胸を張る。

火付け役は、テレビの才能発掘番組で活躍するマイケル・セネトーさんがユーチューブに掲載したボトル投げのビデオだった。このビデオは600万回以上再生され、同じようなビデオも続々と投稿されている。

ジェンヤ君の兄のニコラス君(11)は、「1回のボトル投げが3回、12回、100回になって、気付いたらキッチンテーブルで1時間もボトルを投げ続けている」と打ち明けた。

ジェンヤ君は35回連続でボトルを着地させる記録を達成。ニコラス君は連続36回を記録したという。

一方、2人のボトル投げの音を聞かされ続けて最初はイライラしたという母のベラリーさん。「でもビデオゲームではないので外でもできる。子どもたちがやるほかのことを考えれば全然害はない」と思い直した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]