お菓子試食の責任者募集、報酬は年1000万円超 カナダ企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダのキャンディー・ファンハウスが年約1040万円の報酬で最高キャンディー責任者(CCO)を募集/Courtesy Nestle

カナダのキャンディー・ファンハウスが年約1040万円の報酬で最高キャンディー責任者(CCO)を募集/Courtesy Nestle

ニューヨーク(CNN Business) チョコバーやグミといった菓子のオンライン販売を手掛けるカナダの企業、キャンディー・ファンハウスが、年10万カナダドル(約1040万円)の報酬で最高キャンディー責任者(CCO)を募集している。

在宅勤務で、仕事は「菓子に関する取締役会の主導、試食の責任者としての活動など、楽しいことばかり」だという。

募集は米ビジネス向け交流サイト(SNS)大手のリンクトインを通じて先月から行われており、すでに数千人が応募しているとジャマル・へジャージー最高経営責任者(CEO)は明らかにした。

トロント郊外を拠点とするキャンディー・ファンハウスを率いるのは地元で育った20~30代のきょうだい4人。彼らの両親はドーナツ店とレストランを経営していた。

成功する競合他社との差別化を図るべく、同社は「一風変わった」商品構成や棒つきキャンディー1個から売る最低注文量なしの方針、ソーシャルメディアの徹底活用などを打ち出してきた。

新型コロナのパンデミック(世界的大流行)によって相当伸びた昨年の売り上げについて、ヘジャージー氏は「1500万ドルをわずかに切るくらい。冗談ではなく」と明かした。

キャンディー・ファンハウスによると、CCOの職は最年少5歳にまで門戸を開いている。その場合は両親の許可が必要になる見通しだという。これまで多くの保護者が応募フォームに記入する自分たちの子どもの動画を撮影し、オンライン上に投稿している。

同社のSNSのフォロワーはインスタグラムとティックトックでそれぞれ34万人、300万人。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]