フォード、社員へのワクチン接種を義務化 米自動車大手で初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォードの70年代のトラック? 中身は電動モーターで480馬力

(CNN Business) 米自動車大手フォード・モーターは3日、米国の社員3万2000人に対して、新型コロナウイルスワクチンの接種を義務付けると明らかにした。

対象の社員は12月8日までにワクチン接種を完了することが求められる。ワクチン接種を拒み、宗教上や医療上の理由による免除も認められない場合は、最長30日間の有給休暇となる。その後は、雇用の保護は失われる。

フォードは米自動車大手3社の中では初めて米国の従業員に対してワクチン接種を義務付けた。フォードはこれまで、米国の従業員8万8000人に対し、ワクチン接種を推奨していたものの、義務付けはしていなかった。

フォード、ゼネラル・モーターズ(GM)、ステランティスはすでにカナダの従業員に対してはワクチン接種を済ませるよう求めている。

フォードの広報担当は、従業員の健康と安全が最優先だと説明。社員の84%以上がすでにワクチン接種済みであるとし、指針に従う従業員の支持によって非常に勇気づけられていると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]