新型コロナ流行、プライベートジェットには追い風

新型肺炎の感染拡大により、プライベートジェット業界への依頼が増加している/Courtesy PrivateFly

新型肺炎の感染拡大により、プライベートジェット業界への依頼が増加している/Courtesy PrivateFly

(CNN) 新型コロナウイルスの感染拡大によって移動制限がかかるなどして旅行業界の多くは打撃を受けるなか、プライベートジェット業界は好調のようだ。

スイスのプライベートジェット仲介業者「ルナ・ジェッツ」によれば、過去数週間、予約や問い合わせの件数が「ものすごい増加」を示している。新型コロナウイルスに対する懸念が高まっていることが背景にあるという。

新型コロナウイルス関連の依頼は2月には全体の15%だった。これが30%に拡大しているという。

8日に約200件の依頼があったが、このうち60件が新型コロナウイルスが流行している地域からのものだった。そうした地域から退避しようとする人もいれば、そうした地域で急ぎの仕事が入った人もいるという。

別のスイスを拠点にするプライベートジェットの企業も、商用便の減少によって問い合わせが増えていると指摘する。

こうした状況は欧州だけではない。米サザンジェットもかなり先まで予約で埋まっているという。サザンジェットの幹部によれば、こうした状況は「常識と懸念」によるものと指摘。顧客の多くは高齢者で、新型コロナウイルスに感染した場合、よりリスクが高くなる。そうした人々は混雑した機内や保安検査で並ぶよりも、プライベートジェット機の中に彼ら自身だけでいることを好むという。

別の米国を拠点にする企業も地域にもよるが世界的に依頼が100%から300%の増加を見せているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]