北朝鮮経済、昨年の経済成長は3.5%減 過去20年で最悪

北朝鮮の昨年の経済成長は3.5%減との推計が発表された/FENG LI/GETTY IMAGES ASIAPAC/GETTY IMAGES

北朝鮮の昨年の経済成長は3.5%減との推計が発表された/FENG LI/GETTY IMAGES ASIAPAC/GETTY IMAGES

香港(CNNMoney) 韓国の中央銀行「韓国銀行」は22日までに、北朝鮮の経済成長率は昨年、マイナス3・5%を記録し、今年はさらに悪化する可能性があるとの分析を示した。

3.9%増を記録した2016年からは大幅な後退で1997年以降では最悪の水準となっている。北朝鮮は同年、国内各地で食糧不足に起因する飢饉(ききん)に襲われ、経済成長率は推定でマイナス6・5%としていた。

昨年のマイナス成長率は、核・弾道ミサイル開発問題を受けた国際社会の経済制裁が主因ともみられる。北朝鮮は独自の経済データを公表していない。韓国は1991年以降、北朝鮮の国内総生産(GDP)の推定値を年1回まとめている。

韓国銀行の最新統計によると、石炭、鉄鉱石、繊維製品や海産物など北朝鮮の主要産品の輸出実績は約40%減の18億米ドルを記録。北朝鮮住民の平均的な年間所得は韓国国民のわずか5%程度となっている。

北朝鮮経済の動向に詳しい国立ソウル大学の経済学教授は今年の北朝鮮経済はさらに厳しくなると予測。制裁が完全かつ徹底的に実施されれば成長率はマイナス5%になるとも予想している。

国連が昨年打ち出した一連の経済制裁は米国が主導したもので、主要輸出品の封じ込めや北朝鮮経済の運営に不可欠な燃料油供給の制限に動いた。また、米独自の制裁では金融市場での北朝鮮の孤立化を狙い、米系銀行に対しては北朝鮮との直接かつ間接的な取引を禁止してもいた。

北朝鮮による対外取引の大部分は中国が相手となっている。同国は国連制裁措置の着実な履行を主張しているが、一部の専門家らは疑問視している。

北朝鮮の対話路線への傾斜もあり、米朝は先月シンガポールで初の首脳会談を実施した。ただ、トランプ大統領は核問題がもはや焦点にならないと確信した時にのみ制裁を解除するとの立場を表明。その確信を得るまでには長期の時間を要する可能性にも触れていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]