アフリカ最良の空港はどこ? 業界団体が格付け発表

16年版の順位でトップだったモーリシャスのサー・シウサガル・ラングーラム国際空港

16年版の順位でトップだったモーリシャスのサー・シウサガル・ラングーラム国際空港

(CNN) 国際空港の管理者団体、国際空港評議会(ACI)はこのほど、アフリカ大陸で操業する空港の2017年のランキングを発表した。安全性、チェックイン業務の円滑さ、レストランなどの施設の充実度などで格付けした結果、モロッコにあるカサブランカ国際空港がナンバーワンの座に輝いた。

ランキングは年間200万人以上の旅行者が利用する空港を対象とする。2位はインド洋に浮かぶ島国モーリシャスの空港。3位は南アフリカのダーバンにある国際空港が続いた。最も改善が見られた空港には、ケニア・ナイロビの空港が選ばれた。

カサブランカがランキングのトップに立つのは初めて。16年版の順位は1位がモーリシャス、2位がダーバン、3位が南アのケープタウンだった。

アフリカでの旅客機の利用者数は今後増加が見込まれている。向こう20年で現状の3倍に迫る3億300万人に膨れ上がるとの予測もある。

またアフリカ全体で航空ビジネスの単一市場を立ち上げる動きも出ている。今年に入ってから大陸内での運航に関する規制の統一などを盛り込んだ新規構想が打ち出され、アフリカ連合(AU)に加盟する23カ国が調印した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]