ジョニー・ウォーカーのシンボルが女性に、限定版を3月に発売

女性のロゴをあしらった限定版の「ジェーン・ウォーカー」ブラックラベル

女性のロゴをあしらった限定版の「ジェーン・ウォーカー」ブラックラベル

香港(CNNMoney) スコッチウイスキーのジョニー・ウォーカーといえば、ボトルに描かれたシルクハット姿の紳士が長年のシンボルだった。しかしこの男性「ジョニー」が史上初めて、女性の「ジェーン」に交代する。

英酒造大手ディアジオは26日、男性に代わって女性のロゴをあしらった限定版の「ジェーン・ウォーカー」ブラックラベルを、3月に発売すると発表した。

女性のロゴは、「進歩に貢献するブランドのシンボル」として登場させる。米国では、3月の女性史月間と国際女性デーに合わせて34ドル(約3700円)前後で売り出す予定。 ジェーン・ウォーカーの売り上げは、ボトル1本につき1ドルを女性支援団体に寄付する。寄付の上限は25万ドルとする。

ディアジオのこうした取り組みについては評価する声もある一方で、女性からは「両性の平等のシンボルだとは思えない」「売り上げを増やすための単なる宣伝戦略」といった声も上がっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]