英高等法院、EU離脱通知に議会の承認求める

英高等法院が、政府によるEU離脱手続きの開始には議会の承認が必要との判断を下した

英高等法院が、政府によるEU離脱手続きの開始には議会の承認が必要との判断を下した

(CNN) 英高等法院は3日、英国の欧州連合(EU)離脱の正式な手続きの開始には議会の承認が必要だとの判断を下した。

EUとの離脱協議を正式に開始するには、EUの基本条約である「リスボン条約」50条を発動させ、離脱を通知する必要がある。

英メイ内閣は議会に諮ることなく50条を発動する予定だったが、ロンドンの実業家で慈善活動家のジーナ・ミラー氏らが起こした裁判がそれに待ったをかけた。

政府は離脱プロセスについてはっきりとした計画を明らかにしていないが、議会の承認なしに離脱通告ができないとなれば、さらなるプロセスの遅れや世論の不満が予想される。

ミラー氏はガイアナ出身。子ども時代から40年以上にわたって英国に暮らし、現在は夫とともに投資ファンドを経営している。

6月の国民投票で離脱派が勝利した際には「体調が悪くなった」というが、その翌朝には議会の承認なしに政府が離脱手続きを始められないような手を打つ計画を立てていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]