中国からの資本流出、昨年は79兆円 経済混乱で

中国政府が国内企業による海外投資の拡大に待ったをかけようとしている

中国政府が国内企業による海外投資の拡大に待ったをかけようとしている

香港(CNNMoney) 世界の民間銀行大手などで組織する「国際金融協会」は21日、景気減速や証券市場の混乱などに襲われた中国から昨年引き揚げられた資金は推定で6760億米ドルに達したとの報告書をまとめた。

現在の為替市場では約79兆900億円に相当する。2014年に中国を含む新興市場から離れた資金1110億ドルからは激増となった。

同報告書によると、中国敬遠の資金離れは特に昨年10月〜12月の第4四半期に加速。 景気後退の影響や人民元安を嫌った中国企業による外国債務の清算などが要因とみられる。

報告書は中国からの資金流出は早期に止まらないとも予測。マクロ経済の逆風や自国通貨を安定させる当局の積極的な介入が続くとにらみ、外資などの逃避は今後もさらに拡大すると分析した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]