機内に「子ども禁止ゾーン」設定、格安航空のエアアジアX

エアアジアXは静寂を重視した「クワイエットゾーン」を導入=AIRAISA提供

エアアジアXは静寂を重視した「クワイエットゾーン」を導入=AIRAISA提供

(CNN) マレーシアの格安航空エアアジアXはこのほど、12歳以下の子どもの利用を禁止する「クワイエット(静寂)ゾーン」をエコノミークラス座席に導入した。同社はエアアジア傘下で長距離路線を運航する会社。

クワイエットゾーンはエコノミークラスの前7列に設定。ほかの座席との間には仕切りがあり、子どもが後部の座席で騒いだりしても聴こえにくいようにした。

乗客は予約する際に35~110マレーシアリンギット(約1000~3300円)を上乗せすると、エコノミークラスの特定の座席や、前後幅にゆとりがある座席を指定できるが、この際クワイエットゾーンの席を選ぶことができる。

同社はこのサービスについて、「心の平穏を望む乗客のための天国のようなパッケージ」と形容している。一方で、子ども連れの乗客にも配慮して、エコノミークラスの残る2区画にはベビーベッドを3台増やすと発表した。

競合するマレーシア航空も昨年から、A380便のファーストクラスおよびエコノミークラスの2階席で、子どもの利用を断っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]