ウクライナへ対空戦車を追加供与、独首相が明言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見するドイツのショルツ首相/Michael Sohn/AP

記者会見するドイツのショルツ首相/Michael Sohn/AP

(CNN) ドイツのショルツ首相は29日、ウクライナに対して、さらに「ゲパルト対空戦車」(自走式対空砲)を供与すると明らかにした。

ショルツ氏は記者会見で、こうした有能なシステムを提供するための作業を続けると述べた。

ウクライナのゼレンスキー大統領は同日、ショルツ氏と電話会談を行い、ロシアによる民間インフラや水や電力の供給に対する空爆について協議した。ショルツ氏は現在も続く砲撃を非難したほか、短期的な支援について確約した。

ショルツ氏によれば、ゼレンスキー氏から、財政面だけでなく武器の供与も含めた広範なドイツの支援について謝意が示されたという。ドイツが供与する砲門や防空システムが、ウクライナの領土の完全性と主権を保障する能力にとって大きな影響を与えるからだとしている。

ドイツはこれまでに、エネルギーインフラの修理のための短期的な財政支援として約5600万ユーロ(約80億円)を供与した。ドイツはまた、ロシア軍の砲撃によって電力不足に陥っているウクライナに対して350台以上の発電機を提供している。

「ショルツ首相」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]