ロシア軍、ウクライナ人避難の車1000台以上を足止め ザポリージャ州当局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CNN) ウクライナ南東部ザポリージャ州の軍政機関は20日、同州のウクライナ人支配地域に避難しようとするウクライナ人を乗せた車1000台以上がロシア軍によって足止めされていると発表した。

車は同州バシリウカのロシアの検問所で立ち往生しているという。

軍政機関は通信アプリのテレグラムへの投稿で、ロシア側は「4日連続で」通行を認めていないと言及。車には女性や子どももいて、大半の人が食料や水を買うお金がない状況だとしている。

一部の車は突破してザポリージャにたどりついたという。

さらに「ベルジャンシクの会社経営者はクリミアからの商品購入を強要され、護衛の車列の契約が求められる」とも記述。「こうした登録をすると、誰が商品を持ち帰ったか、後日誰から『貢ぎ物』を回収できるのかについて、地元の協力者が情報を収集しやすくなる」と記した。

ウクライナ政府の戦略コミュニケーション・情報セキュリティーセンターがテレグラムに投稿した動画には、道路の端に長く並ぶ車列が映っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]