プーチン氏の狙いは「朝鮮シナリオ」か ウクライナ将官

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夜間にロシア軍が発射したロケット弾の破片を持つ男性=27日、ハリコフ/Efrem Lukatsky/AP

夜間にロシア軍が発射したロケット弾の破片を持つ男性=27日、ハリコフ/Efrem Lukatsky/AP

(CNN) ロシアのプーチン大統領はウクライナを朝鮮半島のように分断することを狙っているとの可能性を、ウクライナの将官が指摘した。

ウクライナ国防省の情報総局を率いるキリロ・ブダノフ准将は27日、ロシア軍がキエフ周辺の作戦に失敗し、ウクライナ政権の転覆は不可能になったと主張。プーチン氏の焦点は同国南部と東部に移っているとの認識を示した。

そのうえで、プーチン氏は現在、ウクライナで支配する地域とそれ以外の地域の間に境界線を設ける「朝鮮シナリオ」を検討中と考えられる根拠があると述べ、「ウクライナに北朝鮮と韓国をつくろうとしている」と言明した。

ブダノフ氏によると、ロシアは引き続きクリミア半島と自国を結ぶ陸路の確保を狙っているとみられ、支配地の統一を目指すことが予想される。

同氏は、すでにロシアが支配地に「並行的な」行政機関を設け、ウクライナ通貨の廃止を強行する動きもみられると危機感を示す一方、国民はこれに抵抗するだろうと語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]