大統領、いじめ受けたダウン症児の登校に付き添い 北マケドニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンブラさんの家族とも直接会い、解決策を話し合った/www.pretsedatel.mk

エンブラさんの家族とも直接会い、解決策を話し合った/www.pretsedatel.mk

声明はさらに「子どもたちは当然の権利を享受するだけでなく、教室や校庭で平等や歓迎を実感する必要がある。それが国家や個人としての我々の義務であり、この共通の使命においては共感が重要な要素となる」と指摘。

ペンダロフスキ氏は「これはエンブラさんのような子どもの助けになると同時に、我々が心から喜び、分かち合い、連帯する方法を子どもたちから学ぶことにもつながる」と言い添えた。

大統領府が共有した動画には、ペンダロフスキ氏がエンブラさんの家族と一緒に座り、プレゼントを手渡す様子が映っている。同氏が校門前で校舎に入っていくエンブラさんに手を振る様子も確認できる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]