ハイチ大統領暗殺、主犯格の男を逮捕と発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見に臨むジョゼフ首相代行=11日、ハイチ首都ポルトープランス/Valerie Baeriswyl/AFP/Getty Images

記者会見に臨むジョゼフ首相代行=11日、ハイチ首都ポルトープランス/Valerie Baeriswyl/AFP/Getty Images

ポルトープランス(CNN) ハイチのモイーズ大統領暗殺事件で、国家警察のレオン・シャルル長官は11日、主犯格の男を逮捕したと発表した。

逮捕されたのは同国南部マリゴ出身のクリスチャン・エマニュエル・サノン容疑者(63)。シャルル氏は記者会見で、同容疑者が先月、「政治的意図」を持って自家用機で入国したと述べたが、容疑や詳しい動機には言及しなかった。

サノン容疑者は米フロリダ州に拠点を置くベネズエラ系の警備会社を通じ、コロンビア人傭兵(ようへい)26人と米国系の2人を雇ったとされる。このグループは当初、同容疑者の警備を担当していたが、その後職務内容が変化したという。

警察は事件の実行犯について、少なくとも28人の集団だと発表していた。このうち米国籍の2人を含む少なくとも20人を拘束し、3人が死亡。残る5人の行方を追っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]