国民のスキー海外旅行防止で国境検問を強化、仏政府

スイスに近いフランス東部ラシャペルダボンダンスにあるスキー場のゴンドラ/Fabrice Coffrini/AFP/Getty Images

スイスに近いフランス東部ラシャペルダボンダンスにあるスキー場のゴンドラ/Fabrice Coffrini/AFP/Getty Images

(CNN) フランスのカステックス首相は2日、新型コロナウイルス予防策の一環として自国民による海外でのスキー旅行を防ぐため国境検問所での無作為の調べを実施し、該当者には罰金を科すとの方針を明らかにした。

地元メディア「BFM TV」の取材に述べた。スキー目的の海外旅行が判明した場合、7日間の隔離措置にも処されるとも語った。

同首相はこの措置の目的はフランス国民の間の感染拡大を阻止することだと強調。「クリスマス休暇期間はリスクが生じる」とし、「リスクを減らさなければならない。冬季のスポーツはウイルス拡散の機会ともなる」と主張した。

フランスのマクロン大統領は今月1日、スキーを楽しむための国外旅行を防ぐ規制措置などの導入の検討を示唆。特にクリスマス休暇期におけるスイスへの旅行を想定もしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]