隔離ホテルで血液感染の恐れ、200人余りに検査呼び掛け 豪

オーストラリア・ビクトリア州の新型コロナウイルス感染対策の隔離施設で血液感染が起きた恐れがあることがわかった/Darrian Traynor/Getty Images

オーストラリア・ビクトリア州の新型コロナウイルス感染対策の隔離施設で血液感染が起きた恐れがあることがわかった/Darrian Traynor/Getty Images

(CNN) オーストラリア南東部ビクトリア州の保健当局は19日、新型コロナウイルス感染対策の隔離施設で血液感染が起きた恐れがあるとして、該当者243人に連絡を取っていることを明らかにした。

同国では3月以降、外国人の入国が禁止され、帰国者には2週間、ホテルなどでの隔離が義務付けられた。

当局は8月20日までに隔離施設で血糖値の検査を受けた人に対し、念のためエイズウイルス(HIV)など血液が媒介する病原体による感染症の検査を受けるよう呼び掛けている。

隔離中の血糖値測定は糖尿病患者のほか、妊婦やさまざまな不調を訴える人を対象に、指先に針を刺す器具を使って行われる。同じ人が繰り返し使用できる器具だが、これを複数の人に使い回していたという。器具の針を交換しても、周辺部分に微量の血液が残ることがあり、B型肝炎やC型肝炎のウイルス、HIVなどの感染が起きた可能性を否定できない。

保健当局は実際の感染リスクは低いとしたうえで、秘密厳守で検査を受けられるよう手配すると説明した。ミスの起きた背景なども徹底的に調査しているという。

ビクトリア州の州都メルボルンではこの夏、隔離施設として使われたホテルから感染が急速に広がり、厳しい都市封鎖(ロックダウン)措置が導入された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]