北朝鮮、新型コロナ感染で「初の疑い例」 金委員長が緊急会議を招集

北朝鮮で、新型コロナウイルスに感染したとみられる事例が初めて報告された/Cancan Chu/Getty Images AsiaPac/Getty Images

北朝鮮で、新型コロナウイルスに感染したとみられる事例が初めて報告された/Cancan Chu/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は現地時間の26日午前、新型コロナウイルス感染の疑い例が初めて報告され、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が緊急会議を招集したと伝えた。

KCNAによると、感染者とみられる人物は3年前に韓国へ亡命。今月19日に南北軍事境界線近くの開城(ケソン)から不法に侵入したとされる。すでに本人と全ての接触相手が隔離された。

正恩氏は開城周辺を封鎖し、該当の一地域に緊急事態宣言を出した。

党中央軍事委員会は今後、この人物の侵入を阻止できなかった担当部隊について調査し、厳しく処罰する構えだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]