イラン、トランプ氏の逮捕状取得 精鋭部隊の司令官殺害で

イランが精鋭部隊司令官の殺害に絡み、トランプ米大統領の逮捕状を取得した/Getty Images

イランが精鋭部隊司令官の殺害に絡み、トランプ米大統領の逮捕状を取得した/Getty Images

(CNN) 今年1月、イラン革命防衛隊を率いる司令官がドローン攻撃で殺害された件をめぐり、同国がトランプ米大統領の逮捕状を取得した。半国営のファルス通信が29日に報じた。

殺害されたのはイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官。イランはトランプ氏を含む36人の逮捕状を取得したという。イランの検察トップは、トランプ氏が36人のリストの筆頭に挙がっているとしている。

同トップはトランプ氏について、大統領の任期を終えてその地位から下り次第、訴追される見通しだと説明した。ファルス通信が伝えた。

イランはまた、国際刑事警察機構(ICPO)にこれら36人の国際手配も要請した。ただICPOがこの要請を受け入れる公算は小さい。

ICPOはCNNへの声明で「組織として政治、軍事、宗教、人種に関わるあらゆる介入、活動を厳格に禁じている」と述べた。

米国務省のフック・イラン担当特別代表は29日、記者会見でイランの動きを「政治的なパフォーマンス」であり「よくあるプロパガンダだ」と指摘。「誰もまじめに取り合わず、イランを愚かに見せるだけだ」との見解を示した。

殺害されたイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官/MeGetty Imageshdi Ghasemi/ISNA/AFP/Getty Images
殺害されたイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官/MeGetty Imageshdi Ghasemi/ISNA/AFP/Getty Images

ソレイマニ司令官は今年1月、イラクのバグダッド国際空港で同国の人民動員隊(PMF)幹部ら5人とともにドローンによる攻撃で死亡した。

イランとその同盟国はこの攻撃を「暗殺」と非難。地域の不安定化に拍車をかけるとの懸念を高めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]