輸送コンテナの中で64人死亡、14人救出 モザンビーク

モザンビークで密封された輸送コンテナの中で男性64人の遺体が発見された。写真はモザンビークのテテにかかる橋/GIANLUIGI GUERCIA/AFP/Getty Images

モザンビークで密封された輸送コンテナの中で男性64人の遺体が発見された。写真はモザンビークのテテにかかる橋/GIANLUIGI GUERCIA/AFP/Getty Images

(CNN) アフリカ南東部のモザンビークで24日、密封された輸送コンテナの中で男性64人が死亡しているのが見つかった。国連の国際移住機関(IOM)が明らかにした。

IOMによると、輸送コンテナは同国北部テテの検問所で発見され、生存者14人は地元当局に救出されて現地の病院で手当てを受けている。

救出された人たちは地元当局に対し、自分たちはエチオピア人で、南アフリカに向かっていたと話しているという。

AFP通信によると、この事件に関連してモザンビーク国籍のトラック運転手と助手が逮捕された。

運転手は警察の調べに対し、男性たちの輸送と引き換えに3万メティカル(約5万5千円)を支払うと持ち掛けられたと供述しているという。

警察は、エチオピア人の不正入国を手配した人物の行方を追っている。

テテでは気温が30度を超す日が続いていた。

コンテナの中から発見された男性は、誰も身分証明書を持っていなかった。IOMは救出された人の支援に当たっている。

国連の最新統計によると、南アフリカの移民は400万人を超え、30万人近くが亡命や難民認定を申請している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]