サーカスのクマ、公演中に調教師襲撃 柵なく観客も悲鳴 ロシア

サーカスのクマ、公演中に調教師襲撃

(CNN) ロシア北西部カレリア共和国オロネツで、巡回サーカスのクマが公演中に調教師に襲いかかる出来事があった。国営タス通信などが26日までに伝えた。近くに座る観客はおびえた様子をみせていた。

国営テレビによると、このクマは23日の公演で口輪をはめ、子どもを含む満員の観客の前で芸を披露。手押し車を押していたクマが二足歩行で調教師を追いかけた後、調教師に突進し地面に押し倒した。

現場の映像では別のサーカス団員があわてて駆け寄り、クマの脇腹や肩を蹴る場面も見られる。観客からは悲鳴が上がっている。観客席と舞台の間に安全柵はない。

タス通信は、最終的にクマは制圧されたと報じた。調教師と観客にけがはなかった。

サーカスの広報担当者によると、このクマは調教師が飼育していた。この調教師との契約は打ち切りが決定し、問題の演目もショーから削除されたという。「深刻な事態ではなく、出演者もクマも無事だ。クマに非はないため殺処分にはならなかった」としている。

サーカスの代理人はタス通信に対し、クマが襲撃に至った理由について、観客による写真撮影のフラッシュを怖がった可能性があると語った。

カレリアの当局は調査を実施中。人権や子どもの権利を担当する当局者はタス通信の取材に、こうしたイベントでの安全に関する現行法令を精査する方針を示した。

サーカスの動物芸には近年厳しい視線が向けられており、動物の虐待や搾取と批判する声が多い。米国の多くの地域で動物芸の禁止の条例制定などの動きが広がっている。

ロシアでは動物芸の長い歴史があり、今なお高い人気を集めるが、変化の兆しも出ている。国営紙によると、同国南部では倫理上の理由から野生動物を起用するサーカスを禁止する自治体も出始めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]