モンブラン登山者に宿泊予約を義務付け、違反者は禁錮2年も フランス

モンブランの登山者に宿泊施設の予約が義務付けられた/JEFF PACHOUD/AFP/AFP/Getty Images

モンブランの登山者に宿泊施設の予約が義務付けられた/JEFF PACHOUD/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 欧州最高峰のモンブラン(標高4807メートル)を抱えるフランスの地方自治体は2日までに、ホテルの部屋などを予約せずに登頂を試みた場合、禁錮2年や罰金30万ユーロ(約3630万円)を科すことも有り得る新たな条例を施行した。

混雑対策の一環で、フランスのオート=サボワ県が1日に施行した。混み合う夏季の登山シーズン中、維持する予定。

同じく登山客が殺到する世界最高峰のエベレスト山で今年に入っての死亡者が11人に達した状況も踏まえた措置となっている。エベレスト山頂近くで長蛇の列を作る登山者の写真が最近衝撃を与えてもいた。

モンブランはフランスとイタリア、スイスの国境近くに位置する。フランス側にある同山頂上への登山客は年間2万人以上で、フランスのAFP通信によると登攀(とうはん)もしくは下山中の死亡者は昨年15人だった。

同通信によると、5月31日には25歳のスロバキア人登山家が通常の登頂ルートを挑戦中に250メートル転落して死亡する事故も起きた。

通常ルートをたどって頂上を目指す日程は数日間要する。今回の条例により、登山客は今後、3カ所にあるホテルの1つを予約した場合のみ入山が許可される。トラブルの事前防止策としている。

モンブランでは昨年の夏、大挙しての登頂行為を阻止するための広報キャンペーンを実施したが効果はなかった。地方自治体当局者はAFP通信に、この経験を踏まえ、今季はより厳しい対策を打ち出すことを決めたと説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]