アルジェリア大統領、5選出馬を撤回 投票延期に

アルジェリアのブーテフリカ大統領(82)。5選出馬を撤回する意向を表明した/Thomas Trutschel/Photothek via Getty Images

アルジェリアのブーテフリカ大統領(82)。5選出馬を撤回する意向を表明した/Thomas Trutschel/Photothek via Getty Images

(CNN) アルジェリアのブーテフリカ大統領(82)は11日、来月予定されていた大統領選への出馬を取りやめ、投票を延期すると発表した。

ブーテフリカ氏は先日、5期目を目指して立候補すると表明し、これに対して大規模な抗議デモが起きていた。

国営アルジェリア通信(APS)によると、同氏は国民に向けた声明で自身の健康状態と年齢の問題を挙げ、5選の可能性を否定した。国民からの強い要望に応えた決断だと述べ、世代交代は避けられないとの考えを示した。

市民らはこの発表を歓迎し、国旗を身にまとって街に繰り出す姿もみられた。

ブーテフリカ氏は同時に、内閣の改造も表明した。ウーヤヒア首相は11日に辞任し、ベドゥイ内相が後任として組閣を命じられた。

大統領選の新たな日程には言及しなかったが、アルジェリアの「新時代」に向けて「恐れを鎮め」、「平静と治安」を取り戻すための延期だと述べた。

ブーテフリカ氏は1999年に大統領就任。2013年に脳卒中で倒れた後はほとんど姿を見せていない。14年に4選を果たした後も小規模なデモが起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]