移民歓迎のカナダ、3年間で100万人超の受け入れ表明

カナダが今後3年で100万人以上の移民受け入れを表明/NICHOLAS KAMM/AFP/Getty Images

カナダが今後3年で100万人以上の移民受け入れを表明/NICHOLAS KAMM/AFP/Getty Images

(CNN) カナダ議会はこのほど、今後3年で100万人以上の移民を受け入れる計画を発表した。毎年1%近く人口が増える計算になる。

カナダでは2017年に28万6000人以上の永住権が認められた。今年の受け入れは35万人に達すると予想している。

2020年には36万人、21年には37万人の永住者を新規に受け入れる計画。

アハメッド・フッセン移民・難民・市民権相は、「我々は歴史を通じて新しく来る人たちを歓迎してきた。そのおかげで、カナダは今のように強く活気のある国へと発展した」とコメントしている。

フッセン氏自身もソマリアからの移民で、移民の受け入れは人口の高齢化や出生率の低下を補い、労働人口を増やす一助になると指摘する。

カナダが移民に対して寛容な姿勢を貫く一方で、米国を含む西側諸国では、移民に対して厳しい政策を取る国が増えている。

カナダは特に難民の保護に大きく貢献してきた。国連難民高等弁務官事務所によると、2017年の難民は前例のない規模に達し、難民となることを余儀なくされた人は6850万人に上る。

カナダ移民・難民・市民権省は、世界の再定住プロジェクトに560万ドルの拠出を表明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]