英エリザベス女王、王立空軍創設100周年を祝う

英王立空軍が100周年

ロンドン(CNN) 英国のエリザベス女王(92)は10日、英王立空軍(RAF)の創設100周年を祝うイベントに参加した。

エリザベス女王は9日に行われたウィリアム王子とキャサリン妃の第3子として4月に生まれたルイ王子の洗礼式には参加していなかった。地元メディアによれば、欠席は健康上の理由ではなく、女王とウィリアム王子夫妻の間で事前に決まっていたことだという。

10日のイベントには、エリザベス女王のほか、ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子夫妻も参加した。フィリップ殿下は参加しなかった。

エリザベス女王は、RAFが過去100年にわたって国防に関して目覚ましい貢献を行ったと述べた。

イベントにはエリザベス女王をはじめ、ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子夫妻も参加した
イベントにはエリザベス女王をはじめ、ウィリアム王子夫妻とヘンリー王子夫妻も参加した

RAFの創設は1918年4月1日で、第1次世界大戦が終わる数カ月前だった。

英王室とRAFの間には長い歴史がある。エリザベス女王の父親ジョージ6世は王室で初めてRAFのパイロットとなった。ウィリアム王子も2008年にRAFのパイロットとなった。ウィリアム王子は13年に退役している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]