シリアの化学兵器疑惑、OPCW調査団が現地入りできず

2018.04.17 Tue posted at 12:14 JST

[PR]

(CNN) シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで化学兵器が使用された疑いをめぐり、現地へ派遣された化学兵器禁止機関(OPCW)の調査団は、到着後2日たってもドゥーマへ入れずに待機を強いられている。

ドゥーマでは化学兵器によるとみられる7日の攻撃で、子どもを含む約75人が死亡し、約500人が治療中とされる。欧米諸国はシリア政権軍による攻撃だと主張するが、同国と支援国のロシアはこれを強く否定している。

OPCWの調査団は国連の承認を得て出発し、14日にはシリアに到着した。しかし16日になっても現地入りを許されていない。

ロシア軍の代表者は16日夜、18日には許可が出るとの見通しを示し、同国が妨害しているわけではないと強調した。ロシア治安部隊が調査団の活動を支援することになっているという。

シリアの国営シリア・アラブ通信(SANA)によると、同国のメクダド副外相も16日、OPCWの任務遂行を支援する用意があると表明した。

ロシア国営RIAノーボスチ通信はリャブコフ外務次官の発言として、調査団のドゥーマ入りが遅れているのは米英仏が現地時間の14日未明、アサド政権に対して実施した軍事攻撃が原因だと伝えた。

メールマガジン

[PR]