リステリア菌で180人死亡、加工肉が発生源 南ア

リステリア菌

リステリア菌

(CNN) 南アフリカでリステリア菌を原因とする食中毒のために、この1年あまりで180人が死亡している。同国保健省は、国内で製造されたソーセージが原因だったことを突き止めたと発表、こうした加工肉は一切消費しないよう呼びかけた。

保健相が4日に国立感染症研究所のウェブサイトに掲載した情報によると、2017年1月から18年3月までに確認された感染者は948人に上り、うち180人が死亡した。

感染源は、同国北東部ポロクワネにあるエンタープライズ・フード・プロダクション社の施設で加工されたボローニャソーセージだったことが分かったとしている。

エンタープライズ社はツイッターに掲載した声明の中で、当局と連携して製品の自主回収に当たっていると説明。ポロクワネなどの製造施設は操業を停止し、製品の出荷を中止したことを明らかにした。

ヨハネスブルクでは1月12日、熱性胃腸炎の症状で病院を受診した5歳未満の幼児9人からリステリア菌が検出された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]