2017年の殺人、2万5千件超と過去最悪の水準 メキシコ

メキシコ市をパトロールする軍の車両。減少基調にあった殺人事件の件数だが、17年は過去最悪の水準に達した

メキシコ市をパトロールする軍の車両。減少基調にあった殺人事件の件数だが、17年は過去最悪の水準に達した

(CNN) メキシコで2017年に発生した殺人事件の件数は前年比23%増の2万5339件と過去最悪の水準に達したことが23日までに分かった。政府の統計で明らかになった。

2万5339件という数字は、政府がデータの収集を始めた1997年以降で最も多い件数だった。全体としてみた場合、メキシコでの殺人の件数はここ数年、減少基調にあり、14年には1万5520件を記録していた。しかし、当局者によれば、薬物関連の殺人が急増し、減少基調が覆った。

メキシコ西部の各地では、麻薬組織間の抗争が頻発している。

メキシコはまた、紛争地を除けば、ジャーナリストにとって世界で最も危険な場所の一つとなっている。米非営利組織「ジャーナリスト保護委員会」によれば、昨年、メキシコで6人のジャーナリストが殺害された。これば1992年以降で最悪の水準。メキシコでは92年以降、40人以上のジャーナリストが殺害されてきた。

人気のリゾート地「アカプルコ」があるゲレロ州で17年に発生した殺人は2316件と前年比では横ばいだった。しかし、14年の1514件と比べると大きく増えている。「麻薬王」と呼ばれたホアキン・グスマン受刑者(通称エル・チャポ)が縄張りとしていたシナロア州での殺人件数は前年比39%と急増した。

メキシコでは今年3月から大統領選が公式に始まるが、治安や犯罪が選挙戦での主要な議題となりそうだ。

大統領選の投票は7月1日の予定。任期の関係でペニャニエト大統領は出馬しない。ペニャニエト大統領やその所属政党は麻薬関連の犯罪を抑止できていないとして非難を浴びている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]