オーストラリア、同性婚を合法化 世界で24カ国目

オーストラリアが同性婚を合法化

オーストラリア・キャンベラ(CNN) オーストラリア議会で7日、同性婚を合法化する法案が可決・成立した。

首都キャンベラの議事堂では、採決を前に長時間にわたる審議や演説が行われ、法案が賛成多数で通過すると、議員の間から拍手や歓声が巻き起こった。法案に反対した議員はわずか4人のみだった。

議員たちは抱き合ったり握手を交わしたりして法案成立を歓迎し、傍聴席からはオーストラリアの歴史と多様性をたたえる「アイアム・ユーアー・ウィーアー・オーストラリアン」の歌声が流れ始めた。

オーストラリアではこれに先立ち、同性婚合法化の是非を問う国民投票が2カ月かけて実施され、1票を投じた有権者約1200万人のうち61%が賛成票を投じていた。

世論調査機関のピュー・リサーチによれば、同性カップルの結婚が認められた国はこれで24カ国目。

ただしオーストラリアでは以前から、結婚しようとするカップルに対して1カ月前に結婚の意思を通知することを義務付けており、初の同性婚が成立するのは早くても来年1月になる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]