米軍、ソマリアで空爆 過激派「シャバブ」を標的

2017.07.04 Tue posted at 13:11 JST

[PR]

(CNN) 米国防総省の報道官は3日、米軍がソマリア南部バナディールで国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派「シャバブ」に対する空爆を実施したことを確認した。

米軍は2日に行った空爆について成果を検証中としているが、シャバブの地域司令官が死亡した可能性があるという。この人物は、ソマリアの米軍部隊に関する情報収集を担当していたとの情報もある。

トランプ米大統領は今年3月、米アフリカ軍司令部に対し、アフリカ連合(AU)軍とソマリア軍によるシャバブ掃討作戦を支援するために空爆を実施する権限を与えていた。当局者らによると、空爆はそれ以降で2回目だという。

シャバブはアルカイダ系組織の3番手とされ、ソマリアや周辺国でテロを繰り返してきた。

ソマリアのアブドラヒ大統領は今年2月の就任以降、大胆な軍事改革を断行。米軍からは、2013年以来シャバブ掃討部隊に助言している特殊部隊の対テロ顧問50人に加え、4月から新たに約40人が派遣されてソマリア軍兵士の訓練を支援している。

米アフリカ軍司令官は4月の記者会見で、ソマリア軍が2021年までに自力で治安を維持できるようにすることが目標だと述べた。

メールマガジン

[PR]