ISIS戦闘員、興奮剤飲み交戦に参加か 戦意維持の効用

ISIS戦闘員、興奮剤飲み交戦に参加か 戦意維持の効用

(CNN) 米政府当局者は21日までに、掃討作戦を続ける過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の一部の戦闘員が覚せい剤にも使われるアンフェタミンが含まれる錠剤を飲み、戦闘などに臨んでいると見られると述べた。

この錠剤は「キャピタゴン」と呼ばれ、活力を高め、気分を高揚状態にさせると言われる。ISISに入り1年以上戦ってきたと主張する19歳の戦闘員は昨年、CNNの取材に応じ、「幻覚症状を生む錠剤を与えられた。これを使えば生死などどうでもよくなる心理状態になる」と証言していた。

この男性の戦闘員はシリア北部で少数派クルド人の武装組織に拘束されていた。男性の証言の真偽は不明となっている。

キャピタゴンを使えばより長時間の戦闘への従事や戦意の維持が可能ともされる。米国の非営利の政策研究機関「民主主義防衛基金」の関係者によると、ISISの前身組織であるイラクのアルカイダ系組織は戦闘員にアンフェタミンを摂取させ、撃たれても痛みに耐えられる状態に追い込んでいたとされる。

国連薬物犯罪事務所によると、シリアの反体制派武装組織などはキャピタゴンの製造や密売で稼いでいる。麻薬密造業者はキャピタゴンのロゴをつけた偽造品もつくっているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]