シー・シェパード、沈没した「密漁船」の乗組員を救助

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「船が沈没するので放棄する」との連絡があったため、乗組員を全員救助してボブ・バーカー号に迎え入れた。船医が健康状態を確認し、食べ物や水を与えた。

乗組員はインドネシア人が大半を占め、救出されてほっとしている様子だった。一方、スペイン人とみられる上級船員らは、シー・シェパードに助けを求めるしかなかったことに不満そうな表情を見せていたという。

ボブ・バーカー号のハンマーステッド船長がCNNとの電話インタビューで語ったところによると、サンダーの乗組員は7日早朝、西アフリカの島国サントメ・プリンシペの沿岸警備隊に引き渡された。同船長は「サンダーの船長以下、責任者が訴追されることを願っている」と述べた。

ハンマーステッド船長は、サンダーの船長が違法行為の証拠を隠滅する目的で故意に船を沈めたと主張し、「100%の確信がある」と述べた。沈没直前のサンダーに送り込んだチームによると、船内のハッチはこの時すべて開放されていた。船が沈没しかけた時は、浮力を維持するためにすべての船室を密閉するのが通常の対応とされる。サンダーが完全に沈むと、救命ボートに逃れていた船長は歓声をあげて拍手したという。

チームはまた、サンダーの船内からコンピューターや携帯電話などの機器と、1匹を回収した。機器類は証拠として捜査当局に提出する方針だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]