親が子のカンニング手助け、学校の壁よじ登り紙渡す インド

インドで大規模なカンニング

ニューデリー(CNN) インド東部ビハール州の学校で、学期末の進級試験中に生徒の親や家族が学校の建物の壁をよじ登り、窓越しに子どもたちにカンニングペーパーを手渡す大規模なカンニング行為があった。

インドではカンニングは珍しくないが、これほどあからさまな例は過去にないようだ。

ビハール州のシャヒ教育相は記者会見で、「政府は、両親、社会、子どもたちの協力なしに公正な試験は実施できない」とし、「これは皆で共有する責任だ」と付け加えた。

インドなどの発展途上国で教育は、貧困の悪循環を抜け出す上で貴重で有用な手段だ。12億人以上の人口を抱えるインドでは、適切な学校教育を受けられるかどうかが人々の将来を左右する鍵となる。

そのため、親たちの教育熱は高く、今週はじめにはインド北部の町マトゥラーで、父親が学校に行きたがらない8歳の娘をオートバイの後ろにロープで縛り付けて連れて行き、警察に逮捕される事件も起きている。

だが、インドの教育制度は欠陥がたびたび指摘されている。同国の識字率は中国の95%に対し74%に過ぎず、女性が正規の教育を受ける割合も64%にとどまっている。

インドのモディ首相は今年はじめ、親に子どもを学校に通わせ、適切な教育を受けさせるように促す全国規模のキャンペーンを開始した。特に少女の教育促進に力を入れている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]