チュニジアで博物館襲撃、19人死亡 観光客など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チュニジアで博物館襲撃、観光客など19人死亡

(CNN) 北アフリカのチュニジアの首都チュニスで19日、武装集団が博物館を襲撃し、観光客など19人を殺害した。ハビーブ・シド首相は卑劣なテロ事件と断定。逃走した容疑者3人の行方を追っていることを明らかにした。

武装集団は観光客に人気のある同市中心部のバルドー博物館で人質を取って立てこもった。治安部隊が襲撃犯のうち2人を射殺して人質を解放した。犠牲者には観光客17人と治安当局者少なくとも1人が含まれ、その数はさらに増える可能性がある。

シド首相によると、犠牲者にはポーランド、イタリア、ドイツ、スペイン人観光客が含まれる。さらに外国人観光客20人とチュニジア人2人が負傷したという。

シド首相は「チュニジアの経済を狙った卑劣な犯行」と断定し、「我が国を守るために団結しなければならない」と呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]