トルコ男性、ミニスカ姿で女性の権利保護訴え

(CNN) トルコで若い女性が殺害されて遺体が遺棄された事件に抗議して、男性がミニスカート姿でイスタンブールに集まり、女性の権利保護を訴えるデモを展開した。

この事件では暴行されそうになって抵抗したとみられる20歳の女性が殺害された。ガソリンをかけて焼かれた遺体が川岸に捨てられているのが13日に見つかり、抗議行動が広がっていた。

ツイッターでは抗議運動の呼びかけに応えて多数の女性が黒衣をまとった自身の写真を投稿。さらにここ数日は、被害者の女性のためにミニスカート姿で抗議する男性の写真が多数投稿されている。

イスタンブールのデモには多数の男性が母親やガールフレンドから借りたスカートを履いて参加した。

活動家の弁護士によると、トルコで女性の権利保護を訴える運動がこれほどの広がりを見せたのは初めてだという。

トルコは2011年、女性に対する暴力の根絶を目指す欧州評議会の条約を批准している。しかし国連ウィメンなどによれば、女性に対する暴力の現状は2008年以来ほとんど改善されておらず、女性5人のうち2人は性的、身体的暴行にさらされているという。

イスタンブールのジャーナリストは「真の問題は裁判所や家父長社会に染みついた態度にある。一部の人たちはそれを認識し始めていて、スカート運動もトルコ男性に対して態度を改めるよう呼びかける1つの手段だと思う」と指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]