殉職した22歳警官の腎臓、任務中負傷の同僚に移植 「我々は兄弟」 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
業務中に銃撃を受け死亡したブレイズ・マドリードエバンズさんのひつぎを警官が囲む/Independence Police Department

業務中に銃撃を受け死亡したブレイズ・マドリードエバンズさんのひつぎを警官が囲む/Independence Police Department

複雑な気持ちを抱きながらも、SSMセントルイス大学病院で移植手術を受けたプリービさんは現在、回復の途上にある。

「悲しいことだ。私は21歳で警官を始めたが、この若い男性も警官を始めたばかりで、そして臓器移植の重要性を知っていた。我々は同じ制服の兄弟だ。さまざまな感情が入り交じる」(プリービさん)

インディペンデンス警察の話によると、マドリードエバンズさんの遺族はマスコミへのコメントを控えている。

プリービさんは遺族の悲しみに思いをはせているとし、「彼の家族と会い、私が出来る限りの方法で彼を称えたいと思っている」「そして私の子どもたちに、ブレイズさんをたたえ、彼を心にとどめておくよう育てていきたい」と話した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]