市警トップ、フロイドさんの制圧方法は「不適切」 米黒人圧迫死

ショービン被告の制圧方法は「不適切」だったと、市警の本部長が証言した/Pool

ショービン被告の制圧方法は「不適切」だったと、市警の本部長が証言した/Pool

(CNN) 米ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官の暴行で死亡した事件の裁判で、同市警のトップは5日、被告がフロイドさんを制圧したやり方について、警察の方針に違反する不適切なものだったと強調した。

ミネアポリス市警のメダリア・アラドンド本部長は裁判で証言し、フロイドさんが抵抗をやめ、間違いなく苦しんで何か言おうとした時点で制圧行動は打ち切るべきだったと述べた。

事件発生当初はフロイドさんの制圧を試みる合理性が認められるものの、それは最初の数秒間だったとし、その後フロイドさんが動かなくなった状態であれだけの強度の制圧行動を継続するのは本来の方針に沿うやり方では全くないとも指摘。そのうえで「警察の訓練内容には含まれておらず、我々の倫理や価値観に合うものでもない」との認識を示した。

とりわけ被告がフロイドさんの首を9分29秒にわたりひざで押さえつけた行為は、「事態の鎮静化」には当たらないとし、「生命尊重」などの原則、価値観に反すると述べた。

ミネアポリス警察の当時の方針では状況により首への圧迫を認めていたが、アラドンド本部長は被告がフロイドさんを押さえつけている画像を見ながら、この場合は適切な措置ではなかったと明言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]