米コロナ死者、1日3500人と過去最多 感染者と入院患者も最多更新

ニューヨークの休日のマーケットをマスク姿で行きかう人々/Noam Galai/Getty Images

ニューヨークの休日のマーケットをマスク姿で行きかう人々/Noam Galai/Getty Images

(CNN) 米国で16日、新型コロナウイルスによる死者が3500人以上報告され、1日当たりの死者数として過去最多を記録した。新規感染者数も24万人以上と過去最多に上ったほか、入院患者数も11日連続で最多を更新した。

米国ではこのところ、毎日平均で20万人以上の感染者が出ている。新型コロナ追跡プロジェクトによると、16日の入院患者数は過去最多の11万3069人に達した。

カリフォルニア州では16日だけで4万1081人の感染が報告され、同州の1日当たりの感染者数としては過去最多となった。

カリフォルニア州を含む14州では、7日間の平均感染者数が1週間前の時点での平均を少なくとも10%上回っている。

こうした状況について専門家は、最終的にはワクチン接種で悪い流れが変わるだろうとの見方を示しつつも、それは数カ月先のことだと指摘。それまではマスクを付けて屋内の人混みを避け、休暇シーズン中にお互いの身を守るよう行動すべきだと注意喚起している。

米国では近く、米ファイザーと独ビオンテックが開発したワクチンに続き2種類目となる米モデルナのワクチンが承認される可能性がある。その場合、今月末までに2000万回分のワクチンが追加投入されることになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]