家族の食事会で新型コロナ感染 親子4人死亡、2人重体

ドライブスルー検査で採取された検体を扱う医療従事者=16日、メリーランド州ウェストミンスター/Chip Somodevilla/Getty Images

ドライブスルー検査で採取された検体を扱う医療従事者=16日、メリーランド州ウェストミンスター/Chip Somodevilla/Getty Images

(CNN) 米ニュージャージー州で、家族の集まりが原因と思われる新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の集団感染が発生し、高齢の母親とその子ども3人が死亡、2人が重体になったことがわかった。親族が明らかにした。

グレース・ファスコさん(73)は18日、COVID―19のため死亡した。その直前に、長男と長女が亡くなっていたことは知らないままだった。翌19日には別の息子が死亡した。子どもはいずれも50代。

親類によると、ほかの子ども3人も感染して入院中で、うち2人は重体になっている。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、感染は、今月家族で夕食会をした際に広がったと思われる。この集まりに出席していた中の1人が後に、COVID―19によるニュージャージー州初の死者になった。

ニュージャージー州に住むファスコさんの長女(55)は13日に死亡した。家族が新型ウイルス感染のことを知ったのは死の直後だった。

ペンシルベニア州在住のファスコさんの長男は18日、母親が亡くなる直前に息を引き取った。

親類の19人はそれぞれの自宅で隔離されている。14日に検査を受けたが19日時点で結果が出ていないという。

米国内の死者は193人に達し、各州が厳重な対策を打ち出している。ニュージャージー州では19日夕までに9人が死亡、少なくとも742人が感染していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]