ホテル従業員、飼育中のクマにかまれ負傷 米北東部

現場のリゾート施設にあるホテル/Brooks Kraft/Corbis/Getty Images

現場のリゾート施設にあるホテル/Brooks Kraft/Corbis/Getty Images

(CNN) 米北東部ペンシルベニア州にあるリゾートホテルの従業員が、敷地内のサファリパークで飼育されているクマに腕をかまれて負傷した。

ホテルの発表によると、従業員は20日、サファリパークを案内するツアーの途中、ツキノワグマの獣舎前で襲われた。

従業員は二重になった金網フェンスの間に立っていた。内側のフェンス越しに、クマがその腕をつかんで引き寄せたという。

現場に居合わせた人々がクマを引き離し、従業員は看護師の手当てを受けてからヘリコプターで地元の病院へ運ばれた。容体は安定し、意識もはっきりしているという。

ホテル側によれば、クマは9年前からここで飼育されていた。ホテルはクマ獣舎の安全を確認し、現場を目撃した客やスタッフらにカウンセリングを提供している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]