ベト・オルーク前下院議員、選挙戦開始24時間で6.8億円集める

有権者に向かって話しかけるベト・オルーク前下院議員=15日、アイオワ州/Chip Somodevilla/Getty Images

有権者に向かって話しかけるベト・オルーク前下院議員=15日、アイオワ州/Chip Somodevilla/Getty Images

(CNN) 2020年に行われる米大統領選への出馬を先ごろ表明したベト・オルーク前下院議員が選挙戦への出馬を表明してから最初の24時間で、610万ドル(約6億8000万円)超を集めたことが19日までにわかった。同氏の陣営が明らかにした。初日で集めた金額としては、これまでに出馬を表明した民主党議員の中では最高額。

陣営によれば、全米50州からのインターネットの募金を通じ、613万6763ドルが集まった。同じく大統領選への出馬を表明しているバーニー・サンダース上院議員の初日の金額590万ドルを上回った。そのほか、初日に集まった金額を公表している民主党候補としては、カマラ・ハリス上院議員が150万ドルを集めたとしている。

オルーク氏は声明で、「わずか24時間で、全国の米国人が一体となり、真の草の根の大統領選を行うことが可能だと証明した。その選挙戦は、我々全員による我々全員のためのもので、政治活動委員会(PAC)や企業、特別な利益にこたえるものではなく、人々にこたえるものだ」と述べた。

オルーク氏は昨年の中間選挙でテキサス州の上院議員選に出馬し現職のテッド・クルーズ議員(共和党)と事前の予想を上回る接戦を演じた。上院議員選では敗北していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]