ホワイトハウス攻撃を計画、21歳男を逮捕 米ジョージア州

ホワイトハウスへの攻撃を計画していた21歳の男が逮捕された/Pool/Getty Images North America/Getty Images

ホワイトハウスへの攻撃を計画していた21歳の男が逮捕された/Pool/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米ジョージア州の検察は17日までに、対戦車ロケットや爆発物でホワイトハウスを攻撃する計画を立てたとして、同州在住の男を逮捕したと発表した。

男はハッシャー・ジャラル・タヘブ容疑者(21)で、16日に逮捕された。

訴追資料によると、タヘブ容疑者は調べに対し、対戦車ロケットでホワイトハウスに穴を開け、建物内に入って半自動小銃で襲撃する計画だったと供述。手製爆弾を入れたバックパックを装着していき、殉教者になるつもりだったと話している。

他にも2人が攻撃に加わるとの目算だったが、実際にはこの2人は連邦捜査局(FBI)の覆面捜査官と情報提供者だった。

容疑者はアトランタの裁判所に出廷。連邦判事が訴追内容を説明した。次回出廷は24日午後3時に予定されている。

タヘブ容疑者をめぐっては、同じジョージア州に住む人物から当局に情報が寄せられ、捜査が行われていた。この住民は特に「タヘブ容疑者が過激化して氏名を変え、海外渡航を企てていた」ことに言及したという。

タヘブ容疑者はFBI関係者に会った際、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の支配地域に渡航したいと話していた。

ただ、パスポートを所持していなかったため、米国内でジハード(聖戦)を行う計画に変更。標的としてはホワイトハウスや自由の女神が候補に挙がっていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]