ラスベガス銃乱射、59人死亡 米史上最悪の犠牲者数

米ラスベガス銃乱射、事件当時の様子

(CNN) 米ネバダ州ラスベガスの中心街で1日午後10時すぎ、野外コンサートの観客を狙った銃乱射事件があり、少なくとも59人が死亡、527人が負傷した。銃乱射の犠牲者として米史上最悪の人数になった。

地元保安官によると、同州在住のスティーブン・パドック容疑者(64)が、コンサート会場の近くにあるホテルの32階の部屋から銃を乱射した。

容疑者は警察が部屋に入る前に自殺したとみられる。部屋からは自動小銃10丁が見つかった。

警察は単独犯との見方を示している。当局が事前に把握していた人物ではなく、外国のテロ組織などとのつながりは見つかっていない。過去に複数の銃を入手していたが、いずれも合法的な購入だった。

容疑者の兄弟によると、本人は会計士だったがすでに引退し、裕福な暮らしをしていた。兄弟へのメールで、ハリケーンによる停電に見舞われた母の様子を尋ねてきたのが最後になったという。

病院では現場で撃たれたり、逃げ惑う人の波に押されたりして負傷した人々が手当てを受けている。当局者らによれば、死者数はさらに増える恐れもある。市内では2日未明から献血を申し出る住民らの長い列ができた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]