オバマ氏、「トランプ氏は当選せず」 米国民の分別に期待

オバマ大統領がトランプ氏について「大統領にはなれないだろう」と明言

オバマ大統領がトランプ氏について「大統領にはなれないだろう」と明言

ワシントン(CNN) オバマ米大統領は18日までに、米大統領選の共和党指名候補争いで優勢な戦いを続ける実業家ドナルド・トランプ氏に触れ、大統領の職務はリアリティーショーに出るより厳しいものであり、米国民は分別があるため同氏を選ばないだろうとの見解を示した。

米カリフォルニア州で主催した東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳との会議後の記者会見で述べた。今回の大統領選に関しこれまで見られなかった率直な意見の吐露となっている。トランプ氏以外のクルーズ、ルビオ両上院議員などの共和党候補も批判的に裁断したが、トランプ氏に絞った否定的な評価が多かった。

大統領はこの中で「トランプ氏は大統領になれないだろうと信じ続けている」と強調。その理由として、「米国民を強く信頼している。大統領の職務は重大であり、トークショーを仕切るようなことは違う」とし、「販売促進や市場戦略でもない厳しい職務である。多数の国民は我々に正しい事の遂行を望んでいる」と述べた。

その上で、トランプ氏が米国の最高司令官にふさわしいのかについての疑念を示唆。核戦力の行使の決定権や21歳の国民に対する戦闘参加の命令、金融界の崩壊阻止のための施策など大統領が直面する試練に言及。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]