米東部に記録的寒波、NYで氷点下18度に

米東部などが寒波に見舞われている

米東部などが寒波に見舞われている

(CNN) 米東部一帯が14日にかけて強い寒波に見舞われ、約20都市で記録的な寒さを観測した。

ニューヨーク市中心部のセントラルパークでは氷点下約18度を観測。第1次世界大戦中の記録を下回って過去最低を記録した。ボストンは氷点下約23度、カナダのトロントは週末にかけて同27度まで下がった。

米ペンシルベニア州からメーン州にかけての一帯も、強風の影響で極端な寒さに見舞われた。

米中西部から東部沿岸にかけての一帯は、16日まで雪や冷たい雨が続く見通し。

ニューヨーク市のデブラシオ市長は、「市は20年ぶりの寒波に見舞われている。極端な寒さで、特にお年寄りや乳幼児、病気を抱えた人たちは生命の危険にさらされかねない」と述べ、市民に警戒を促した。これまでのところ寒波による死者は出ていない。

米南東部から北東部にかけても15日から16日にかけて暴風雪が予想され、テネシー州から北東の内陸部にかけては大雪に見舞われる見通し。

5大湖周辺では、温かい湖からの水蒸気と北からの寒気がぶつかってニューヨークなどに大雪を降らせる湖水効果が発生している。

ペンシルベニア州では13日、大雪の影響で車60台以上が絡む事故が発生し、少なくとも3人が死亡、70人以上が負傷した。

14日にはインディアナ州でも40台が絡む事故が発生、数人の負傷者が出ている。

米国立測候所は警戒警報を出し、凍傷に注意するよう呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]